柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬は毎日散歩が必要ですか?

 

柴犬は、毎日散歩する必要がある犬種です。

 

よく小型犬はあまり散歩をしなくてもいいと思いこんでいる人もいますが、全ての小型犬がそうと言う訳ではありません。

 

柴犬は小型犬ですが、とても運動量の多い犬種なので毎日1時間程度の散歩が理想です。

 

1回に30分ずつ1日2回に分けてもいいでしょう。

 

歩く距離が短くても、広い公園やドッグランで思い切り遊ばせる事ができるのならそれもいいでしょう。

 

活発で運動量が多い犬種は、十分に運動できないとストレスが溜まってしまう事もあります。

 

食欲旺盛な子の場合には、運動不足で肥満になることもあります。

 

仔犬の頃から毎日散歩に行き、たくさんの人や犬を知ってくことで、自然と社会性も身に付きます。

 

散歩には色んな目的と効果があるという事を知っておくことも大切なんですね。

 

大雨の日や台風の日には、無理に散歩に行くことがかえって危険になる場合もあるので、そういう場合には散歩をお休みしてもいいでしょう。

 

毎日の散歩が習慣になっている場合には、飼い主さんの都合で散歩に行けない時には、犬もストレスが溜まってしまう事があります。

 

どうしても行けない日がある時には仕方ありませんが、夜や早朝に少しでもいいので散歩に連れて行ってあげましょう。

 

柴犬を飼うなら、散歩が必要な犬種だという事を理解した上で飼う事ですね。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!