柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬は先住犬がいても飼う事はできますか?

 

柴犬が仔犬なら先住犬がいても大丈夫だと思います。

 

同じ柴犬の場合でも、他の犬種の場合でも同じです。

 

どちらも成犬になっている場合には、かなり難しくなることもあるので多頭飼いをするなら、後から迎えるのは仔犬をオススメします。

 

ただし、多頭飼いにはルールがあります。

 

何においても先住犬を優先することです。

 

声をかけるのも、ご飯を食べさせる順番も、おやつをあげる順番もすべて先住犬を先にします。

 

こうして先住犬を優先し敬う事で、後から来た仔犬は自分の位置を確認し認識します。

 

先住犬も飼い主さんの行動を見て、自分を優先してくれていると安心し、信頼も深まるでしょう。

 

仔犬の場合には、見た目の可愛さから、ついつい甘やかしてしまう事もありますが、犬は飼い主さんの行動をよく観察していますので、後から来た犬に勘違いをさせてしまわないよう接し方にも注意しましょう。

 

先住犬が自分の方が立場が上なのだと示すために、後から来た犬にマウンティングをすることがあります。

 

これは犬同士の立場を確認するための行動なので、無理に止めさせることのないようにしましょう。

 

犬同士のルール確認でもあるからです。

 

あまりにしつこくて、犬にストレスが溜まってしまうほどの場合には、叱ったりせずやんわりと止めさせれば良いでしょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!