柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬を屋外で飼う場合は、生後何ヶ月くらいからが良いですか?

 

柴犬を屋外で飼う場合は、飼い始める季節にもよりますね。

 

暖かく過ごしやすい時期なら、生後半年くらいまでは家の中で飼いましょう。

 

仔犬や高齢犬は自分で体温調節ができないので、極寒の時期や、真夏の炎天下に外に置きっぱなしというようなことだけは絶対にやめてください。

 

最悪死んでしまう事もあるかもしれません。

 

最近は室内で飼育されている柴犬も多いので、個人的には室内飼いをオススメしたいところですね。

 

最初から外で飼う場合には、犬が快適に過ごせるように環境を整えてあげる事が大切です。

 

暑い時期には風通しが良く、日陰があるところに犬小屋を置きましょう。

 

日中は暑くなるので、水をまいてあげるのも効果的です。

 

寒い時期には、日の当たりの良い場所に移動させるなども必要ですね。

 

寝る時には寒い思いをしないように毛布を入れたり、犬小屋を囲ったりと工夫してあげてください。

 

柴犬は我慢強くて、環境にも上手く順応できると言われていますが、小さい仔犬には無理な話です。

 

外で飼う場合、リードを長くしてある程度自由に動けるようにしてあげたいですね。

 

柴犬は警戒心が強いので番犬として飼うのには向いていますが、1日中人が通るたびに吠えっぱなしという事もあります。

 

仔犬の頃からたくさんの人や犬と接し、社会性を身につけることも大切ですね。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!