柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬は日中留守にすることが多くても飼えますか?

 

日中留守にすることが多くても、柴犬を飼おうと思えば飼えないことはありません。

 

要はあなたの気持や覚悟次第ではないかと思います。

 

犬を飼うのにもお金がかかりますし、生活していくにもお金がかかります。

 

働くために家を留守にするのも仕方のないことでしょう。

 

犬を飼ったもののただ飼いっぱなし、サークルの中に閉じ込めっぱなしというのなら、最初から犬を飼うのはやめた方が良いと思います。

 

犬がかわいそうですからね。

 

仔犬の時は特にそうですが、人間の赤ちゃんと同じように気を使い、手間もかかります。

 

忙しくて時間がない人には、犬を飼うのも無理があると思います。

 

日中は無理でも、夜家に帰ってからや、休みの日には犬のために時間を作ることができるなら、日中できなかったことをしてあげればいいのです。

 

そもそも忙しくて犬の世話をする時間があまりない人が、なぜ犬を飼いたいと思うのでしょう?

 

「1人暮らしで寂しいから・・・」という人も多いですね。

 

でも犬だって一人ぼっちでお留守番ばかりだったら寂しい思いをします。

 

特に日本犬は飼い主に忠実で、飼い主さんが大好きなので、できるだけ一緒に過ごしたいはずです。

 

しつけも必要ですし、病気になったら病院に連れて行かなくてはいけません。

 

その時、仕事を休んだり、時間を作って病院に行くことができますか?

 

誰か頼める人がいるのならそれでもいいでしょう。

 

こういう事を全て理解して、それに対応できるなら、日中留守にすることが多くても飼えるでしょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!