柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬は赤ちゃんや小さい子供がいる家庭でも飼えますか?

 

犬にも個体差があって、性格も全く違ってくるので一概には言えません。

 

一般的には、柴犬は小さい子供が苦手な場合が多いようですね。

 

子供は力加減というのができませんので、悪気はなくても力いっぱい犬の耳や尻尾を握ってしまう事があります。

 

それを我慢できる犬なら良いと思いますが、柴犬は難しいかもしれませんね。

 

しつけ方次第という部分もあるものの、突然体のどこかを力いっぱい掴まれたら、犬だって驚いてしまいますね。

 

噛みつくこともあるかもしれないし、逃げようとして暴れて子供が転んだりして、思わぬ怪我をすることもあるでしょう。

 

小さい子供がいる場合には、必ず親が一緒にいて十分に注意できるのならいいかもしれませんが、一瞬目を離した隙になんてこともあり得ます。

 

どうしても犬を飼いたいのなら、小さい子供とも仲良くできる犬種もいますので、他の犬種を飼った方がいい場合もあるかもしれませんね。

 

しかし、犬1頭でも家族の仲間入りをすれば、人間の子供1人増えたのと同じくらいの手間がかかります。

 

病気になれば人間よりも高い治療費を払う事になります。

 

そういう余裕も考えておきたいですね。

 

子供が小さくて手がかかり、犬に手をかける時間が取れないというのなら、もう少し子供が大きくなってから考えてみるようにしてみてください。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!