柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬は一人暮らしでも飼えますか?

 

一人暮らしでも柴犬を飼っている人は大勢います。

 

ただし、柴犬は小型犬ではありますが、運動量を必要とする犬種です。

 

散歩でも1時間くらいは必要なので、早朝や夜にしっかりと散歩をさせることができるなら、一人暮らしでも飼えるはずです。

 

柴犬は飼い主さんにはとても忠実ですが、警戒心が強いので、仔犬の頃にしっかりと社会性を身につけることが大切です。

 

これを怠ると、知らない人には吠える、噛みつくなど問題行動を起こす可能性も高くなるからです。

 

「人に近づけさせないなら、それでもいいじゃないか」というのは人間の勝手な考えです。

 

飼い主さんが仕事や学校で家にいない間、一人ぼっちでお留守番をさせ、散歩も行かないなら、犬だってストレスが溜まってしまいますからね。

 

ある程度飼い主さんのライフスタイルに合わせるなら、できるところで犬のために時間を作る努力もしてほしいですね。

 

しつけもしなければいけませんので、しつけの時間も必要です。

 

しつけは仔犬のころから、毎日の習慣にして覚えて行くこともありますし、根気と忍耐が必要なしつけもあります。

 

室内で飼うなら、トイレのしつけもしておかないといけませんね。

 

サークルの中に閉じ込めっぱなしというのは、犬を飼う環境ではないので、絶対にやめてほしいと思います。

 

犬を飼うという事がどういう事なのかをきちんと理解できるなら、柴犬は一人暮らしでも飼えるでしょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!