柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬はオスとメスどちらが飼いやすいですか?

 

必ずしもそうだと言う事ではありませんが、一般的にはオスの方がおっとりしていて、メスの方がちょっと気が強い傾向にあると言われています。

 

しかし、オスかメスかによっては好みもあるので、自分のライフスタイルなども考えてじっくりと決めて行けば良いでしょう。

 

オスが欲しいと思っていたけど、実際に会ってみたらメスに一目ぼれしてしまったなんてこともあります。

 

犬にも人間と同じように、個性というものがあります。

 

おっとりしていて臆病な子でも、いざという時には勇敢に立ち向かっていくこともあります。

 

普段は気が強くても、ここぞという時には腰が引けている、なんてこともありますからね(笑)

 

また、メスの場合にはだいたい半年に1回生理が来ます。

 

室内で飼う場合には、どうしても出血があるのでパンツをはかせたり、おむつが必要になることもあります。

 

また、メス特有の子宮の病気になる可能性もあるので、仔犬を産ませないのなら早い時期に避妊手術を考えておくことも必要です。

 

オスの場合には、おしっこを引っ掛けることがあるので、室内で飼う場合にはトイレの置き方にも注意しましょう。

 

オスには前立腺など特有の病気になる可能性があるので、交配させないのなら去勢手術をすることを考えましょう。

 

それぞれにメリットとデメリットがあるので、飼い主さんが飼いたいと思う性別を決めると良いでしょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!