柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬とハスキーのミックス

 

ハスキーの正式名称は「シベリアンハスキー」と言います。

 

名の通りロシアのシベリア地方を原産とする大型犬です。

 

ハスキーの体高は54cm〜60cm、体重は21kg〜28kgが標準サイズになります。

 

シベリアでソリ犬や猟犬として活躍していました。

 

ハスキーの特徴は強靭な体力・持久力を持っているので、極寒の地でも長距離走ることが出来ます。

 

ハスキーの性格はフレンドリーで忍耐力があり、明るく前向きでめげない面があります。

 

見た目とは違って攻撃性が低いため、番犬には向かない犬です。

 

ハスキーは非常に運動量が多いので、最低でも1日に1〜2時間以上の運動が必要になります。

 

運動不足でストレスが溜まると体を物にぶつけて暴れたりします。

 

成犬の頃は力が強いので犬がリードを引かないように散歩のしつけをしておきましょう。

 

ハスキーの毛は寒さに耐えるために厚い下毛を持つダブルコートなので、換毛期はかなりの抜け毛を覚悟する必要があります。

 

週に2〜3回はブラッシングをしてあげましょう。

 

柴犬とハスキーの組み合わせは意外なのですが、結構多いんですね。

 

柴犬とハスキーのミックス犬の動画を見つけました。

 

 

風貌は、やはりどことなくハスキーを思わせるような顔立ちですね。

 

でも、柴犬の面影も出ていて、ちょうどいい具合に両方の良い所を受けついでいる感じがします。

 

体格もハスキーよりは小さく、柴犬よりは大きい、ちょうど中間ですね。

 

しかし、ミックス犬の場合には、この組み合わせでこういう仔犬が生まれるという法則がありません。

 

体格や外見は必ずしも同じではないこともあり得ます。

 

柴犬とハスキーともに運動量が必要な犬種です。

 

毎日の散歩もある程度時間をかけてあげたいですね。

 

性格に関しては、飼い主とその家族には従順ですが、警戒心が強いところは共通しています。

 

犬の性格にも個体差がありますが、仔犬の頃から社会性を身につけることが必要ですね。

 

日本犬と洋犬のミックスですが、どことなく顔つきも似ているので、それほど違和感のないミックス犬になると思います。

 

ただし、体格の違いがあるので、どちらがオスかメスかによっては、出産時のリスクも十分に考えてあげたいですね。

 

安易な交配はオススメできませんし、してほしくありません。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!