柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬とスピッツのミックス

 

スピッツは日本が原産国の小型犬です。

 

正式名称は「日本スピッツ」と言います。

 

スピッツの体高は30cm〜38cm、体重は9kg〜11kgが標準サイズになります。

 

スピッツの特徴は長くて真っ白な毛をしていることです。

 

スピッツの毛色はホワイト(白)だけになります。

 

ダブルコートで抜け毛が多く、ブラッシングは最低でも週に3〜4回が必要なので、手入れは大変です。

 

スピッツの性格は活発で好奇心が強いことです。

 

賢くて物覚えも良いので、しつけに苦労することもないでしょう。

 

柴犬とスピッツは、どちらもよく吠える犬というイメージが強いのですが、スピッツに関して言うなら、最近は無駄吠えしなくなってきているようですね。

 

元々スピッツはとてもよく吠える、うるさい犬としても有名でしたが、改良され今はとても穏やかで大人しい犬種になっています。

 

柴犬とスピッツはともに警戒心がとても強いので、柴犬の気質を強く受けついだ場合には、無駄吠えのしつけも必要になります。

 

要はしつけ方次第なのですが、せっかく改良されて大人しくなっているのに、わざわざミックス犬を産ませる必要があるのか?と思ってしまいます。(あくまでも個人的な意見です。)

 

スピッツは白一色ですが、柴犬は茶、黒、白と毛色も色々ですね。

 

ミックス犬に関しては、純血種のようにかけ合わせてはいけない色のルールがないため、興味本位の安易な交配は避けてほしいですね。

 

風貌についてですが、私が見たのはちょうど中間色のクリーム色の柴犬といった感じでしょうか。

 

スピッツのクリクリとした大きな真っ黒い目を受けついで、とても可愛い子でしたね。

 

どちらに似ても、顔つきが似ているので、そんなに違和感はないと思います。

 

この動画の柴犬とスピッツのミックス犬は、顔がスピッツの特徴がよく出ていますね

 

 

被毛は柴犬に比べてスピッツの方が長いので、全体的に長くなることもあれば、胸、手足、尻尾にだけ飾り毛が出る可能性もあるかもしれません。

 

性格も共通しているところがありますね。

 

飼い主さんとその家族には従順ですが、他人を寄せ付けないところがあります。

 

仔犬の頃からしっかりと社会性を身につけて行きましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!