柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬とシェパードのミックス

 

シェパードはドイツが原産国の大型犬です。

 

シェパードの正式名称は「ジャーマン・シェパード・ドッグ」になります。

 

名前が長いので一般的にはシェパードと呼ばれています。

 

ジャーマン・シェパード・ドッグはドイツ語で「ドイツの牧羊犬」という意味になります。

 

シェパードの体高はオスが60〜65cm、メスが55〜60cm、体重はオスが30〜40kg、メスが23〜33kgが標準サイズになります。

 

シェパードの平均寿命は10〜12年になります。

 

シェパードは知的レベルが高く、飼い主さんに対する忠誠心と服従心が強いことから、災害救助犬・軍用犬・警察犬・麻薬探知犬・介助犬・補助犬(盲導犬)など様々な場面で活躍しています。

 

シェパードはとても賢い犬なので、しつけに苦労することはないと思います。

 

基本的にシェパードの毛は短毛でダブルコートになります。

 

抜け毛が多いので、週に3回程度はしっかりとブラッシングをしましょう。

 

シェパードの性格は落ち着いており、飼い主さんに対する服従心や責任感が強く、知的・精神的にも能力の高い犬種ですね。

 

シェパードは大型犬なので運動量の多い犬です。

 

ストレスをためないよう毎日2時間程度の散歩が必要になります。 

 

大型犬のシェパードと小型犬の柴犬の組み合わせは、どちらがメスなのかによって出産時にリスクがあると思っておきましょう。

 

大型犬と小型犬の交配は、あまりオススメできない組み合わせです。

 

柴犬とシェパードのミックス犬を見たことがありますが、顔がシェパード、体格は柴犬を少し大きくしたような感じでした。

 

背中が黒かったので、ミニサイズのシェパードにも見えました。

 

柴犬とシェパードのミックス犬の動画もありましたので、参考にして下さいね。

 

 

 

 

ミックス犬には、この組み合わせでこうなるといった法則がないので、もっと違った外見になる可能性もあります。

 

被毛はどちらも長くはないのですが、密集しているので換毛期には念入りなブラッシングが欠かせないですね。

 

耳はどちらも立ち耳なので、シェパードに似れば少し大きな耳になるかもしれませんね。

 

耳掃除は楽だと思いますが、定期的にチェックし、汚れてきらたキレイにすればいいでしょう。

 

性格に関してですが、警戒心が強いのは共通して言えることですね。

 

主人には忠実であること、ちょっと攻撃的になるところも共通しています。

 

仔犬の頃からしっかりとしつけることが大切になりますね。

 

誰がリーダーであるのか、主従関係をはっきりさせておくことも大切です。

 

自分でしつけができない場合には、しつけ教室に通ったりすることも必要になります。

 

しっかりとしつけができれば、どちらの性格を受けついでも問題なく飼う事ができるはずです。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!