柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬とラブラドールレトリバーのミックス

 

ラブラドールレトリバーはイギリスが原産国の大型犬です。

 

ラブラドールレトリバーの体高は56cm〜62cm、体重は30kg〜36kgが標準サイズになります。

 

ラブラドールレトリバーの特徴は垂れ耳、骨太で筋肉質な体、全身は短毛で覆われていることです。

 

短毛ですがダブルコートなので、抜け毛が多くなります。

 

週に2〜3回ほどはブラッシングを行ってあげましょう。

 

ラブラドールレトリバーの性格は攻撃性が少なく落ち着いています。

 

優しく社交的な性格のために家族以外の人や犬もすぐに受け入れます。

 

そのため、番犬としては向かないでしょう。

 

知的レベルが非常に高いので、盲導犬や警察犬などでも多く活躍しています。

 

柴犬とラブラドールレトリバーは体格が全然違いますよね。

 

メスが柴犬だった場合には、仔犬が大きくなると出産のリスクも高くなるので、できれば避けてほしい組み合わせです。

 

最近ミックス犬が流行気味なので、何も考えず好きな犬種同士のミックス犬がほしい〜♪

 

なんて言っている人もいますが、こういう考えは止めてほしいですね。

 

柴犬とラブラドールレトリバーのミックス犬の場合には、大きい方のラブラドールに近い体型になることもあれば、その中間もあります。

 

参考までに柴犬とラブラドールレトリバーのミックス犬の動画を紹介しておきますね。

 

 

外見も実に様々ですね。

 

柴犬の毛色は、茶色、黒、白です。

 

ラブラドールはクリーム、黒、チョコと毛色も色々なので、どのキャリアなのかによっても、全く違う毛色の仔犬が産まれる可能性もあります。

 

一般的な茶色とクリームなら、おそらく中間色か、どちらかの色に近くなると思います。

 

顔つきもちょっと違いがありますね。

 

柴犬はスッキリ系ですが、ラブラドールは可愛い系の顔をしています。

 

柴犬っぽいラブになるか、ラブっぽい柴犬になるかは、産まれてみないとわかりません。

 

柴犬は立ち耳、ラブはたれ耳なので、たれ耳の場合には耳の病気に注意しましょう。

 

どちらも運動量が必要な犬種なので、毎日のお散歩や、たまに広い場所で思い切り遊ばせてあげるといいでしょう。

 

性格も正反対なので、どちらに似るかもよりますが、犬の性格を見極めてしつけをしていきましょう。

 

どちらに似ても、飼い主さんには忠実で素晴らしいパートナーになってくれるでしょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!