柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬とフレンチブルドッグのミックス

 

フレンチブルドッグはフランスが原産国の中型犬です。

 

フレンチブルドッグの体高は26cm〜31cm、体重は10kg前後が標準サイズになります。

 

フレンチブルドッグの特徴は鼻が短くて頭が大きく立ち耳で、体は筋肉質でがっちりとしています。

 

毛は短くて手足、胴体ともに短い体型をしています。

 

フレンチブルドッグの性格は見た目の風貌とは違って穏やかでおっとりとしています。

 

警戒心が少なく無駄吠えも少ないと言われています。

 

平和的でフレンドリーなので、他の人や犬ともすぐに打ち解けることができます。

 

フレンチブルドッグは呼吸がしにくい鼻の構造をしているので、散歩や運動量は多くを必要としません。

 

顔のシワには汚れが溜まりやすいので、こまめに掃除をしてあげましょう。

 

暑さ寒さに弱く体温調節がしにくい体型をしています。

 

夏は熱中症になりやすいので、室温に気を配ってあげましょう。

 

柴犬とフレンチブルドッグの組み合わせは、全く異なる外見の犬同士ですね。

 

フレンチブルドッグは、短頭種と言われる鼻がペチャっとしている犬種に対し、柴犬は適度な長さのマズル(鼻)です。

 

どちらに似るかは産まれてみないことにはわかりませんが、ちょうどいい具合に両親犬の特徴を受け継ぐことができれば、短すぎず長すぎず、ちょうど中間のマズルになることが多いかもしれません。

 

私が見たことがある柴犬とフレンチブルドッグのミックス犬は、柴犬らしい風貌を残しつつ、顔つきがどこかフレンチブルドッグを思わせる感じの子でした。

 

 

カラーについては、フレンチブルドッグの白と黒のコントラストがはっきりと出ることもありますし、柴犬の茶色とちょうどいい具合に混ざり、ブリンドルのように見えることもあります。

 

柴犬には茶色以外に黒、白がありますし、フレンチブルドッグにも黒、ブリンドル、クリームがあるので、組み合わせのカラーにも注目してほしいと思います。

 

柴犬とフレンチブルドッグともに立ち耳なので、耳の掃除は楽かもしれませんね。

 

毛の長さもどちらも短いのですが、柴犬の方が少し毛あしが長いので、トリミングに出すほどではないものの、毎日のブラッシングは大切です。

 

性格に関しては、警戒心の強い柴犬と天真爛漫のフレンドリーなフレンチブルドッグなので、どちらに似るかによって、しつけ方も変わってくるかもしれません。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!