柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬と活発度

 

よく小型犬はあまり散歩をしなくていいと言われることがありますが、柴犬の場合は違います。

 

柴犬は猟犬として活躍していた犬なので、元気で活発な犬です。

 

そのため、毎日たっぷりと運動させてあげることが必要になります。

 

散歩といっても色々な方法があるので、飼い主さんのライフスタイルに合った方法を選び、できるだけ運動をさせるようにしましょう。

 

普通に、犬と一緒に歩くのもいいですね。

 

時には話しかけながら犬との信頼関係を深めましょう。

 

歩くのがちょっと苦手な人や、なかなか散歩ができる道がない場合には、ドッグランを利用するのもいいでしょう。

 

市や町が運営しているドッグランもありますが、この場合には狂犬病の予防接種とワクチン接種をしていないと、利用できないことがあるので、病気予防は必ず行いましょう。

 

ドッグランのようにたくさんの犬と人が集まる場所に行くことで社会性も身に付きますし、犬が好きなように運動ができるので便利ですね。

 

もしもその近くに犬も一緒に行ける喫茶店やドッグカフェがあったら、帰りに寄り道をして、飼い主さん同士の交流を深めるなんてこともできますね。

 

もしも広い庭のあるお家なら、日中はお庭で自由に過ごさせるのもいいでしょう。

 

飼い主さんと一緒にボール遊びなどをしても運動量を確保できるのでオススメです。

 

出来るだけ犬がストレスが溜まらないように、運動をさせてあげましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!