柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬とチワワのミックス

 

チワワはメキシコが原産国の小型犬です。

 

チワワの体高は15〜23cm、体重は1.5〜3kgが標準サイズになります。

 

チワワは小型犬の中でも特に小さく、世界中の犬種の中で最も小さいと言われています。

 

一時のブームは過ぎ去りましたが、今でも人気があります。

 

チワワの性格は明るくて甘えたがりで、飼い主さんによくなつきます。

 

臆病な一面もあるので、何かに驚いた時、吠えることもあります。

 

学習能力が高いので、しつけもしやすいと思います。

 

チワワの被毛はスムースコートとロングコートがあります。

 

スムースコートは毛が短いので、寒さに弱いです。

 

冬は洋服を着させてあげて、風邪を引かせないようにしましょう。

 

ロングコートは長くてフサフサな毛になります。

 

どちらもブラッシングが必要ですが、特にロングコートはアンダーコートが抜けやすいので、ほぼ毎日ブラッシングが欠かせません。

 

放置すると、被毛のツヤが無くなり、皮膚病になるリスクも高まります。

 

柴犬とチワワは、どちらも根強い人気の犬種ですね。

 

柴犬とチワワは全く違う外見をしています。

 

ミックス犬にも色々ありますが、私が見た事がある柴犬とチワワのミックス犬はとても可愛い子でした。

 

「パッと見は柴犬?」と思うのですが、柴犬なんだけど目がチワワでクリクリ大きな目の柴犬といった感じでとても可愛かったです。

 

マズル(鼻)の長さも、ちょうどチワワと柴犬の中間といった感じでした。

 

体格もチワワが入ることでマメ柴サイズですね。

 

しかし、ミックス犬が必ずしも両方の良いとこ取りができるわけではありません。

 

参考までに柴犬とチワワのミックス犬の動画を紹介しておきますね。

 

 

 

 

柴犬の毛は短く密集していますが、チワワにはスムースコートとロングコートがあります。

 

ロングコートの場合には、少し毛の長いミックス犬になる可能性も高くなります。

 

私が見た子は、おそらくスムースコートのチワワと柴犬のミックス犬だったのでしょうね。

 

見た目はほとんど柴犬の被毛と変わりませんでした。

 

カラーも柴犬、チワワともに色んなカラーがあるので、産まれてみないとわからない部分もあります。

 

外見は全く違う犬種ですが、性格には共通点があります。

 

一人の主人を大切に思い従うところです。

 

犬の性格にも個体差があるので一概には言えませんが、柴犬とチワワのミックス犬は飼い主さんやその家族以外にはあまり懐かないかもしれませんね。

 

両方とも警戒心が強く頑固なところもあります。

 

でも、仔犬の頃からしっかりとしつけ、社会性を身につければ無駄吠えも少なくなるでしょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!