柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬とミニチュアミニチュアシュナウザーのミックス

 

ミニチュアシュナウザーはドイツを原産国とする小型犬です。

 

シュナウザーには、ジャイアント・スタンダード・ミニチュアの3種類があり、一番小さなミニチュアシュナウザーはネズミを駆除するために作られました。

 

ミニチュアシュナウザーの体高は30〜35cm、体重は5〜7kgほどで、オスとメスともに大差はありません。

 

抜け毛は少ないですが、ダブルコートなので伸びやすく絡まりやすいので、念入りなブラッシングは欠かせません。

 

ミニチュアシュナウザーは賢くて大人しい性格をしているので、初心者でも飼いやすい犬種と言えます。

 

人懐っこく、友好的で家族以外の人や他の犬に対しても優しく接するので家庭犬にぴったりですね。

 

遺伝性疾患も少なく、平均寿命は12〜15年と言われています。

 

柴犬とミニチュアシュナウザーは見た目が全く違う犬種ですね。

 

顔つきもそうですが、大きな違いは被毛です。

 

ミニチュアシュナウザーのようなワイヤーヘアーの犬種とのミックス犬は、ワイヤーヘアーの特徴が出ることが多いかもしれませんね。

 

体型や体格的には、それほど大きな違いはありませんが、被毛と顔つきが違うので、どんな風貌の子犬が産まれるかは、全く想像ができません。

 

柴犬とミニチュアシュナウザーのミックス犬を調べてみましたが、どの子も皆ミニチュアシュナウザーのワイヤーヘアーの特徴が出ていました。

 

 

 

柴犬の場合には、毛も短くそれほど手入れは手間がかかりませんが、ダブルコートなので換毛期のブラッシングは大切です。

 

毛色も、柴犬の茶色よりも、ミニチュアシュナウザーのシルバーグレーが出ることが多いかもしれません。

 

ミニチュアシュナウザーのようなワイヤーヘアーの子は、特殊なお手入れ方法になるので、トリミングに出すことも必要になるかもしれませんね。

 

柴犬の性格は日本犬らしい性格で、ミニチュアシュナウザーはテリア種ではありますが、遊び好きで人懐っこい性格です。

 

どちらの性格に似るかによって、しつけ方や接し方も変わってきますね。

 

ミニチュアシュナウザーは室内で飼う犬ですが、柴犬とミニチュアシュナウザーのミックス犬も、室内で飼う方が良いと思います。

 

どちらも運動量が必要なので、毎日のお散歩も欠かせませんね。

 

激しい運動は不要ですが、活発なので週末などにドッグランへ連れていき、思いっきり走り回らせてあげると喜びますよ。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!