柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬とビーグルのミックス

 

ビーグルはイギリスが原産国の中型犬です。

 

スヌーピーのモデルとなった犬種としても有名ですね。

 

ビーグルの体高は33cm〜38cm、体重は7kg〜12kgが標準になります。

 

少しだけ胴が長く骨太でしっかりした体型をしています。

 

ビーグルはハウンドドッグで、14〜15世紀頃からウサギ狩りに使われてきました。

 

ビーグルの毛は短く垂れ耳をしています。

 

ビーグルの特徴は、大きく太く良く通る鳴き声です。

 

同じ集団で鳴き交わしながら獲物を追っていました。

 

そのため、無駄吠えが多くなると近所迷惑なるので、しっかりとしつけを行いましょう。

 

用心深い一面があるので、仔犬の頃から外へ連れて行き社会性を身につけておきましょう。

 

ビーグルはフレンドリーで人懐っこい性格をしています。

 

飼い主さんにもよく甘えることがあります。

 

柴犬とビーグルは体格(大きさ)はそれほど変わりがありませんが、見た目には大きな違いがありますね。

 

似ている犬種同士の組み合わせのミックス犬の場合には、パッと見だけだとミックス犬とは気づかない事も多いのですが、タイプの違うミックス犬は、他にはないユニークな風貌になることもあります。

 

しかし、ミックス犬の場合にはどんな風貌の仔犬が産まれてくるかは、産まれてみない事にはわかりません。

 

どちらの特徴を強く受け継ぐかもわからないので、時にはちょうどいいバランスのミックス犬が生まれることもありますが、そうじゃない場合もあります。

 

柴犬とビーグルのミックス犬の動画がありましたので、参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

実際に柴犬とビーグルのミックス犬にも、色んなタイプの子がいます。

 

体つきと顔つきは柴犬だけど、耳だけビーグルの特徴が出て垂れ耳になることもあります。

 

垂れ耳の場合には、耳の病気になりやすいので注意しておきたいですね。

 

ビーグルの毛色と体格なのに、ちょっと顔つきが凛々しく、立ち耳の子になることもあります。

 

ビーグルの体型が強く出て胴が長くなった場合は、椎間板ヘルニアに注意しておきましょう。

 

太って体重が重くなったり、室内で飼う場合はフローリングなどが原因で発症しやすくなります。

 

突然、散歩を嫌がる、座り込むなどの様子が見られたら、すぐに動物病院を受診しましょう。

 

どちらも運動量が多い犬種なので、散歩は毎日しっかりと行いたいですね。

 

性格面で言うなら、まるで正反対の部分があるので、どちらの性格に似るかによってもしつけ方が変わってきます。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!