柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬と紀州犬のミックス

 

紀州犬はかつて紀伊国(きいのくに)と呼ばれていた和歌山県や三重県南部で生まれた日本犬です。

 

紀州犬は柴犬と同じく、日本の犬を代表する天然記念物に指定されています。

 

紀州犬の体高は43cm〜55cm、体重は13kg〜27kgで中型犬に分類されます。

 

紀州犬の毛色は白が一番多く、他に胡麻・虎・赤・黒などがあります。

 

紀州犬は気性が荒く勇敢な性格をしているので、イノシシの猟犬として活躍してきました。

 

飼い主さんに対しては忠実ですが、警戒心が強いので、他の人には懐かないと言われています。

 

紀州犬は記憶力が良く、賢い犬なので、しつけがしやすいと言われています。

 

ですが、飼い主さんがしつけを怠ると他の人や犬に噛みつくこともあります。

 

他の犬種と同様に仔犬の頃から信頼関係をしっかりと構築し、しつけをしてあげれば問題ありません。

 

ちなみに、一部地域では紀州犬が危険犬種に指定されています。

 

檻の中での飼育が義務づけられていることもあるので、飼う前に必ず役所に確認しておきましょう。

 

紀州犬は筋肉質でがっしりとした体型をしていて、中型犬に分類されています。

 

散歩は1日2回、1回1時間ほどが目安になります。

 

運動不足になるとストレスが溜まって攻撃性が高くなり、飼い主さんでも扱いにくくなるため、注意が必要です。

 

ダブルコートで下毛が多く週2〜3回のブラッシングが必要です。

 

特に換毛期は抜け毛は多いので、皮膚病予防のためにしっかりと抜け毛を取り除いてあげてください。

 

柴犬と紀州犬の組み合わせは、日本犬同士なので日本犬らしい風貌をしていますね。

 

 

柴犬に比べると、若干紀州犬の方が体が大きいのですが、どちらに似ても飼いやすいサイズではあると思います。

 

毛の色は、柴犬が茶色で、紀州犬が白といったイメージが強いのですが、柴犬でも白や黒の毛色があり、紀州犬でもゴマやレッドがあるので、どの組み合わせかによっては、毛色も変わる可能性もあります。

 

尻尾がクルンと巻いているところや、顔つきもとてもよく似ているので、言われなければミックス犬と気づかないこともあるかもしれません。

 

運動量が必要な犬種同士なので、毎日の散歩は欠かせないでしょう。

 

性格に関してですが、これまた両方ともに日本犬らしい性格をしています。

 

人懐っこい部分もありますが、飼い主さんとその家族以外は警戒して寄せ付けず、知らない人が来ると威嚇して吠えることもあります。

 

番犬としては、優れているかもしれませんね。

 

仔犬の頃からしっかりと社会性を身につけさせ他の人や犬との接し方を教えて行けば、ドッグランでも楽しく遊ぶことができるでしょう。

 

被毛のタイプもよく似ていて、ダブルコートのため換毛期のブラッシングはいつもより丁寧にすることが大切ですね。

 

日本犬は一人の人を主人と認めたら、とても従順で愛情深い犬種です。

 

ただし、初心者には多少扱いにいと感じることもあるかもしれませんね。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!