柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬とポメラニアンのミックス

 

ポメラニアンはドイツが原産国の小型犬です。

 

ドイツとポーランドの間にポメラニアン地方があります。

 

ポメラニアンの祖先となるサモエドという犬種がこの地方に住んでいたことから、名付けられたと言われています。

 

ポメラニアンは小型犬の中でも特に小さな部類になります。

 

ポメラニアンの体高は18〜22cm、体重は1.5〜3kg前後が標準サイズになります。

 

元々は中型犬でしたが、改良を重ねて小型化されていきました。

 

小型化されたことで人気が高まるようになりました。

 

イギリスのヴィクトリア女王も愛玩犬として飼っていたと言われています。

 

ポメラニアンは賢くて学習能力の高い犬なので、しつけがしやすいと言われています。

 

ただし、ポメラニアンは警戒心が非常に強く、気が強い性格なので、よく吠える傾向にあります。

 

仔犬の頃から社会性を身に付けさせて、家族以外の人とも多く触れ合うようにしましょう。

 

最近、人気のミックス犬ですが、中でも柴犬とポメラニアンの組み合わせも多いようですね。

 

ミックス犬の場合は、血統書がないので純血種のような呼び方は決まっていません。

 

柴犬とポメラニアンのミックス犬は、「ポメ柴」と呼ばれることが多いようです。

 

 

 

 

ポメラニアンは長い被毛が特徴的ですが、トリミングに出した時には、柴犬風にカットすることもありますね。

 

柴犬とポメラニアンのミックス犬は、まさにあんな感じになります。

 

毛色もどちらとも茶系が多いので、柴犬風のポメラニアン、ポメラニアン風の柴犬に見えることが多いかもしれません。

 

もちろん、必ずしも同じ風貌の仔犬が生まれるとは限らないので、ちょっと毛の長い柴犬風になる可能性もあります。

 

体格は両方の中間といった感じもあれば、どちらかに似る事が多いですね。

 

どちらもダブルコートなので、ブラッシングは欠かせません。

 

ポメラニアンの被毛は強く出ている場合には、自宅でお手入れする自信がない人は、トリミングに出すことも考えた方が良いかもしれません。

 

性格もどちらに似るかに寄りますが、警戒心が強いという面では共通していますので、人との接し方、社会性を身につけることが必要になります。

 

警戒心の強い犬種は、無駄吠えも多くなる可能性があるので、無駄吠えのしつけもしっかりと行いたいですね。

 

柴犬とポメラニアンは両方とも小型犬ですが、運動量が必要な犬種です。

 

毎日の散歩を欠かさないことも大切ですね。

 

柴犬とポメラニアンともに立ち耳なので、耳掃除はしやすいと思います。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!