柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬と熱中症

 

初夏から残暑の厳しい秋にかけて最も多いのが熱中症ですね。

 

熱中症は外にいる時だけとは限らないので、室内でも注意が必要です。

 

日中犬を一人で留守番させる事もあると思います。

 

室内だからクーラーをかけているからと安心はできません。

 

室内を自由に動き回れる状態なら、犬も暑いと感じれば涼しい場所に移動できます。

 

もちろん、これはクーラーを付けていることが前提なので、閉め切った部屋でクーラーをかけずにいれば、どうなるかは想像できますね?

 

犬は人間のように汗をかき体温を調節することができないため、高温多湿には極端に弱いです。

 

体温が上昇することで意識を失ったりすることもあり、場合によっては死んでしまう事もある怖い病気だという事を理解しておきたいですね。

 

これは人間でも同じです。

 

暑くていられないような場所に犬を置かないということは、考えればわかることと思います。

 

真夏の炎天下の散歩でも熱中症になることがあるので、暑い時期の散歩の時間も注意しましょう。

 

もしも、熱中症にかかってしまった場合にはすぐに適切な処置が必要になります。

 

意識がある場合は、とにかく全身を冷やしてあげましょう。

 

この時、冷やし過ぎにも注意してくださいね。

 

犬の状態が落ち着いたら冷やすのをやめてもいいでしょう。

 

水をかけてもいいですが、保冷剤などで脇の下や腿の付け根、首の後ろを冷やすと効果的です。

 

保冷剤がない場合には、氷や冷凍食品でもかまいません。

 

その後、すぐに病院に連れて行き適切な処置を受けましょう。

 

意識がない場合は、一刻を争うので冷やしながらすぐに病院に連れて行きましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!