柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬とリンパ肉腫

 

リンパ肉腫とは、白血球の1種であるリンパ球がガン化する病気です。

 

リンパ肉腫の場合は、そのほとんどが悪性腫瘍(ガン)です。

 

リンパ肉腫は、柴犬を含むすべての犬種になる可能性がある病気です。

 

また、高齢犬になるほど発症リスクが高まります。

 

リンパ肉腫は脇の下、内また、膝裏、あごの下など、リンパが通っているところなら、どこでも発症する可能性があります。

 

1ヶ所でもリンパ腫が見つかると、全身にがん細胞が転移している可能性が高くなります。

 

リンパ肉腫は発症する場所によって、いくつかのタイプがあります。

 

・多中心型(体中のリンパ節が腫れるタイプ)
・前縦隔型(胸の中に塊ができるタイプ)
・消化器型(腸に病変ができるタイプ)
・皮膚型(皮膚病ができるタイプ)

 

ですが、ほとんどは多中心型になります。

 

リンパ肉腫の症状は、リンパ節が腫れ、食欲低下、下痢、嘔吐、下痢、便秘、咳などになります。

 

病状の進行具合や発症する場所によっても症状が異なります。

 

残念ながら、リンパ肉腫になる原因は解明されていません。

 

そのため、予防が困難な病気という事になります。

 

リンパ肉腫の治療法に関しては、すぐに手術をするのではなく、化学療法で抗がん剤の投与を行うのが一般的ですが、症状やタイプによって手術をするという選択肢もあります。

 

進行具合にもよりますが、抗がん剤を使うと約1年ほどの延命ができます。

 

初期のリンパ肉腫ほど、生存率が高くなります。

 

原因がはっきりとしていないために、予防法がない病気ですが、日ごろから犬の全身をくまなくチェックしたり、健康診断をすることはできますね。

 

犬とのコミュニケーションも大切ですが、これには犬の健康チェックという意味も含まれているような気がします。

 

毎日、ブラッシングをしたり、犬と遊んだりする時に全身を触りながら、時にはマッサージをしながら、リンパ肉腫のできやすい部分に異常がないかなどチェックしておきましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!