柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬と乳腺腫瘍

 

乳腺腫瘍とは、乳腺にしこりができる病気です。

 

しこりの種類は個体差があって、1個だけの場合もあれば、何個もある場合もあります。

 

大きさもごく小さいしこりから、かなり大きなしこりまでと様々です。

 

乳腺腫瘍はメス犬や高齢犬(8〜10歳)、小型犬に多い病気です。

 

乳腺の周囲にしこりがあった場合には、乳腺腫瘍の可能性が高いですね。

 

乳腺腫瘍には良性と悪性があり、悪性の場合は乳がんになります。

 

乳腺腫瘍の約半分は悪性になります。

 

しこりに熱があると悪性の可能性が高くなります。

 

リンパ節や他の臓器に転移することもあるので、早めの治療が大切です。

 

乳腺腫瘍の原因は、はっきりとは解明されていないものの、エストロゲンやプロゲステロンなどのホルモンが大きく関係していることがわかっています。

 

症状としては、妊娠していないのにお乳のような分泌物が出ていたり、分泌物に膿や血がにじむこともあります。

 

もしも発見出来たしこりが右側に1つだけだったとしても、右側の乳腺全体にしこりができている場合もあります。

 

乳腺腫瘍の治療法は基本的にしこりを摘出する外科手術が行われます。

 

しこりを切除しても再発する可能性が高いため、しこりの切除と同時に避妊手術をすることもあります。

 

ですが、乳腺腫瘍が出来た後に避妊手術を行っても再発予防などの効果は少ないと言われています。

 

そのため、仔犬を産ませないのであれば、子宮蓄膿症、子宮内膜炎、子宮捻転、子宮破裂などの病気予防にもつながるので、早めの避妊手術を考えておくといいでしょう。

 

初回発情前に避妊手術をすると、発生率は1%以下まで下がると言われています。

 

悪性の乳腺腫瘍の場合は、摘出手術に加えて抗がん剤治療や放射線治療、免疫療法などが行われることもあります。

 

毎日の健康チェックも習慣にしておきたいですね。

 

ブラッシングの時に、お腹をチェックすることも忘れずに行いましょう。

 

乳腺腫瘍に限らず、どんな病気も早期発見&早期治療が大切です。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!