柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬と変形性脊椎症

 

変形性脊椎症とは、何らかの原因で脊椎が変形してしまう病気です。

 

脊椎とは、頸椎、胸椎、腰椎、尾椎などの背骨を構成する骨の総称になります。

 

変形性脊椎症は人間にもある病気ですが、犬など四つん這いになって歩く動物になりやすくなります。

 

その理由は、内臓の重みが脊椎に負担をかけるためです。

 

特にダックスフントなどの胴が長い犬種に多いですが、どんな犬種にも変形性脊椎症を発生するリスクがあります。

 

変形性脊椎症の主な原因は、加齢や肥満、背骨の負担になりやすい運動や環境で生活している場合などです。

 

変形性脊椎症になると背骨が変形してしまい神経を刺激して痛みや麻痺といった症状が出てしまいます。

 

そのため、抱きかかえるのを嫌がったり、しっぽを振らなくなったり、動きたがらないようになります。

 

高齢犬になるほどかかりやすい病気なので、ある程度の年齢になったら注意しておきたい病気の一つです。

 

老化現象でもあるため、変形性脊椎症の治療はとても難しいと言われています。

 

これといった効果的な治療法がなく、痛み止めの薬やステロイドの注射などを使い症状を緩和するしかありません。

 

年齢が若い場合は、外科手術を勧められることもあります。

 

変形性脊椎症の予防は可能なので、日ごろから体重管理や食事管理もしっかりと行う事が大切です。

 

人間と同じように犬も年を取ると関節を保護するクッションがすり減りダメージが出てきます。

 

変形性脊椎症予防のために、ある程度の年齢になったら関節に良いとされるサプリメントなどを使うのも一つの方法です。

 

今は犬用のサプリメントも充実してきています。

 

また、室内で柴犬を飼う場合は、ソファーやベッドに上らないようにしつけたり、段差がある場所に小型犬用の室内スロープを使ったりすると良いでしょう。

 

定期的な健康診断も習慣にしてあげたいですね。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!