柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬の飼育環境

 

一般的に小型犬は室内で飼育する犬ですが、柴犬の場合は外で飼う事も可能です。

 

柴犬は順応性が高いので外で飼う事もできますが、個人的にはできれば室内で飼ってほしいと思います。

 

もちろん、室内に十分なスペースがなく、外なら十分なスペースがあるという場合には、外で飼う事もできるので、それでもいいでしょう。

 

基本的に室内で飼い、過ごしやすい時期や日中は外で過ごし、寒い時や夜は室内で飼うのもいいと思います。

 

一番大切なのは犬がストレスが溜まらないように、十分なスペースを確保してあげることですね。

 

過ごしやすい快適な環境作りも大切です。

 

外で飼う場合も、寒い冬は暖かく過ごせるよう防寒対策をしてあげましょう。

 

暑い夏は日射病や熱中症になりやすいので、風通しが良い場所を選び、日陰を作ってあげるなどしてあげることが大切です。

 

室内飼いをオススメしたい理由としては、犬とより密着した生活ができるからです。

 

犬の表情の変化、犬の性格、体調の変化も室内で常に目の届くところにいることで、意外な発見があったりします。

 

犬も常に飼い主さんと一緒にいることができるので、信頼関係も築きやすいですね。

 

屋外でも飼育は可能ですが、暑さ寒さの厳しい地域では、やはり室内での飼育が理想的だと思います。

 

こればかりは、各家庭の事情などのあると思いますので、できるだけ犬が快適に過ごせる環境を作ってあげて下さいね。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!