柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬と椎間板ヘルニア

 

椎間板ヘルニアとは、背骨の間にあるゼリー状の組織である椎間板が、何らかの原因ではみ出して脊髄を圧迫している状態を言います。

 

椎間板ヘルニアは人間にもありますが、特に犬に多い病気と言われています。

 

椎間板ヘルニアは小型犬や大型犬などの大きさに関係なく、全ての犬種に発症する可能性があります。

 

椎間板ヘルニアの原因にはいくつかありますが、大きく分けると遺伝的なものと後天的なものがあります。

 

生まれつき軟骨異栄養症という遺伝子を持っている場合は、遺伝が原因になります。

 

この遺伝子はダックスフンドなどの胴長の犬種に多いと言われています。

 

後天的な場合は、激しい運動や肥満、加齢によるものです。

 

柴犬は小型犬の中でも運動量が必要な犬種です。

 

平坦な場所を走ったり、散歩する程度では問題ないのですが、運動の仕方にも注意しましょう。

 

例えば、フリスビーやボールを追いかけた時、それを追いかけ全力疾走しながらジャンプしてキャッチしたり、階段の上り下り、ソファーやベッドに飛び乗ったり、飛び降りたりといった動作です。

 

ただでさえこのような動作は犬の椎間板にかなりの負担をかけています。

 

また、肥満で体重が増えれば体を支える関節や脊椎にはもっと負担をかけることになりますね。

 

これにより椎間板が変形したり、ずれることで神経を刺激するため、時には激しい痛みを伴います。

 

重症化すると神経を圧迫することで下半身麻痺になってしまい、歩くことも立ち上がることもできなくなる場合があります。

 

椎間板ヘルニアの治療は症状にもよりますが、軽い場合には痛み止めを飲ませて、無理な運動を避け様子を見ます。

 

激しい痛みや麻痺がある時には外科的手術する選択肢もありますが、全身麻酔をする必要があるため、安易に手術するのはかえって危険だという意見もあります。

 

特に高齢犬の場合は全身麻酔のリスクが高まります。

 

椎間板ヘルニアの治療法に関して、獣医さんと納得いくまで話し合いをすることが大切ですね。

 

椎間板ヘルニアの専門医を探すのもいいでしょう。

 

椎間板ヘルニアの原因が遺伝ではない場合は予防できます。

 

飼い主さんが体重管理をしたり、二本足で立たせるなど無理な姿勢を取らせないようにしましょう。

 

抱っこをする時は縦抱きではなく、背中の負担にならないように抱きましょう。

 

床が滑りやすいと背骨に負担がかかるので、マットを敷くなどして滑りにくい状態しておきましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!