柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬と膝蓋骨脱臼

 

膝蓋骨とは膝のお皿のことなんです。

 

膝蓋骨脱臼というのは、膝のお皿が何らかの原因で正常の位置からずれてしまう病気です。

 

膝蓋骨脱臼といっても、その症状は様々です。

 

全く無症状の場合もあれば、歩けなくなってしまうものまで色々です。

 

もちろん、症状が進行すればするほど歩行も困難になってくるので、早期発見&早期治療が大切になります。

 

膝蓋骨脱臼の原因は先天性の場合と滑って転んだり、高い所からジャンプ(落下)したりなどの後天性の場合があります。

 

特に室内犬には注意が必要な病気です。

 

フローリングの床は掃除もしやすく清潔でいいのですが、犬にとっては滑りやすい状態でもあります。

 

飼い主さんもフローリングの床の上を靴下だけで歩いた時、滑りやすいと感じたり、滑ったことはありませんか?

 

犬は常に滑りやすい状態と言えるのです。

 

しっかりと踏ん張ることができないので、走っていたり遊んでいる時や急に方向転換をしようとした時に滑って転んでしまい、膝のお皿がずれてしまう事もあるんです。

 

フローリングの床の上で生活しているなら、部屋全体じゃなくてもいいので、一部だけでもカーペットやマットを敷くことで滑るのを防ぐことができます。

 

柴犬を室内で飼う場合は、膝蓋骨脱臼の予防をしておきましょう。

 

膝蓋骨脱臼の治療は症状に応じて変わります。

 

症状が軽い場合には、手で膝のお皿を戻すこともできます。

 

進行していたり、痛みがあったり、歩行困難である場合には、手術をすることもあります。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!