柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬と歯肉炎

 

歯肉炎は人間にもある病気ですね。

 

歯肉炎とは口の中の状態が不衛生な場合に起こる歯や歯茎の病気です。

 

これらを総称して、歯周病とも言われています。

 

歯肉炎の場合には、歯茎の炎症のことを言います。

 

人間は食事をした後には歯磨きをしますよね。

 

犬も同じように毎食後ではなくても、毎日の歯磨きが大切だという事になります。

 

食事をした後というのは、どうしても食べカスが歯や歯と歯の隙間に入り込みやすくなっていますね。

 

水を飲んだりすることである程度は洗い流されますが、やはり歯磨きをしないと完全には取り除くことができません。

 

歯に付いた汚れをそのままにしておくと歯垢となり、それが蓄積されると歯石に変化していきます。

 

歯石というのは歯だけでなく、歯茎の奥まで入り込み歯の周りを囲うようにしてついて行きます。

 

一旦歯石になると歯ブラシでは取り除くことができません。

 

さらに歯石は蓄積され、ドンドン歯茎の奥に入り込みます。

 

歯石は言い換えれば細菌の塊ですから、口の中の状態も不衛生になりますね。

 

歯石は、歯茎の状態も悪くします。

 

歯肉炎はまさにこの状態で、軽く触っただけでも歯茎から血が出ます。

 

歯石を取り除かないでいると、やがて歯を支えている骨も溶かしてしまうので、いずれは歯が抜け落ちてしまいますし、口全体に広がります。

 

口臭も酷くなっていくので、健康上も良くありません。

 

歯肉炎の予防は、歯磨きが一番効果的です。

 

歯ブラシを使えない場合や歯磨きの習慣が付いていない場合には、歯磨き効果のあるおもちゃや、ガムを噛ませるのもいいですね。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!