柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬と僧帽弁閉鎖不全

 

心臓の中には右心室と左心室の仕切りの役目をしている僧帽弁というフタがあります。

 

この僧帽弁がしっかりと閉じている場合は特に問題ないのですが、何らかの原因でピタっと閉じなくなってしまうことがあります。

 

これを僧帽弁閉鎖不全と言います。

 

僧帽弁閉鎖不全になると、全身に色々な症状として現れてきます。

 

初期の症状は、乾いたような咳、疲れやすい、苦しそうな息をするなどです。

 

最終的には心臓が弱くなって心不全などになることもあります。

 

僧帽弁閉鎖不全のはっきりとした原因は、未だに解明されていません。

 

僧帽弁閉鎖不全は主に柴犬のような小型犬や高齢犬に多い病気なので、犬がある程度の年齢になってきたら注意しておきたい病気ですね。

 

年だからと片付けるのではなく、思い当たる症状があった場合には、できるだけ早く病院に連れて行き診察をしてもらいましょう。

 

放置しておくと、肺水腫を起こす可能性も高くなり危険です。

 

僧帽弁閉鎖不全の治療は、基本的に初期段階だと薬で症状を緩和させつつ、病気の進行を抑える治療しかできません。

 

症状が進行している場合は治療が出来ません。

 

一旦、僧帽弁閉鎖不全になってしまうと完治させることができません。

 

僧帽弁閉鎖不全の治療と同時に食事管理や体重管理も行っていきます。

 

直接的な原因ではないものの、肥満にも注意しておきたいですね。

 

一生薬を飲み続けることになりますが、早期発見&早期治療が大切な病気です。

 

心臓に負担がかかるような激しい運動はできませんが、軽く歩く程度の散歩はできますので、犬の様子を見ながら調節していきましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!