柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬と外耳炎

 

外耳炎とは、音の通り道である外耳道(がいじどう)に炎症が起こる耳の病気です。

 

柴犬にも多い病気ですが、どの犬種でもかかる可能性の高い病気なので、耳の状態もしっかりと確認しておくことが大切ですね。

 

特に耳の垂れている犬種に多くなります。

 

外耳炎になる原因にもいくつかありますが、一番の原因は細菌や真菌による感染です。

 

寄生虫が原因になることも多いかもしれません。

 

健康な犬でも耳垢が溜まるのは、人間でも同じですね。

 

耳垢が溜まるのは自然なことですが、犬は人間のように耳掃除が出来ません。

 

ある程度溜まったら、飼い主さんが耳掃除をしなければいけません。

 

犬にも体質には個体差があるので、脂症の子もいれば、乾燥気味の子もいます。

 

脂症の子は、耳垢も溜まりやすいので、毎日は必要ありませんが、定期的な耳掃除は欠かせません。

 

外耳炎の特徴は、べたついた臭い耳垢であるという事です。

 

黒っぽい耳垢が溜まり、臭いがするのですぐに気付くはずです。

 

外耳炎の予防には、耳掃除が一番効果的です。

 

外耳炎になると痒みを伴う事もあるので、しきりに耳を引っ掻いたりしてしまうと炎症も酷くなりますし、完治までには時間もかかってしまいます。

 

抗菌剤や抗生物質の投与で完治しますが、再発しやすい病気なので、定期的な耳掃除や正しい耳掃除のやり方を覚えることが大切です。

 

柴犬の場合には、耳が立っているので掃除もしやすいでしょう。

 

綿棒を使う人もいるかもしれませんが、綿棒だと耳垢を奥に押し込んでしまう可能性があります。

 

耳の洗浄液を使うのが一番簡単で確実です。

 

やり方がわからない時には、動物病院などで教えてもらえますので、聞いてみるといいですよ。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!